弁当持参

tseki.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 07日

本仁田山

奥多摩の本仁田山(ほにたやま)に行ってきました。10月5日の記録です。
「本仁田山」、どんな山か全く知りませんでした。たまたま知り合いが最近行ったと聞き興味を持ちました。奥多摩駅からスタートして鳩ノ巣駅に降りてくるコースが便利かなと思って行く気になりました。
コースタイムは登りが2時間30分、下りが1時間30分となっています。

奥多摩駅を出発したのは8時50分ごろ。予報では晴れてくるはずでしたが、雲が出ていてすっきりとした晴れとはなりません。ただ、10月に入り、気温・湿度ともさがってきて空気がさわやかです。こんな感じで、一日が過ぎてくれるとありがたいです。
d0117926_14174847.jpg

奥多摩駅から安寺沢の集落までは一般の車道を歩きます。私以外に歩いている人は見かけません。駅から出発して駅に降りるコースで、人気のコースと聞いていたのですが、思ったより人の入らないコースのようです。
なだらかな坂道を登り、安寺沢の集落に着きました。ガイドブックではここから山道に入るので休憩をとるといい、とあります。忠告通り、少し休憩をとって山道に入ります。
d0117926_14335977.jpg

山道に入るとすぐのところにこんな標識があります。登山道は右側ですが、左側50m先に「乳房観音」とあります。変わった名前の観音様です。何となく興味を持って行ってみました。
d0117926_1437477.jpg

これが「乳房観音」です。説明によるとここに巨大な銀杏の木があり、2mもの乳根(ちちね)が無数に出来たそうです。そこで、木の下に観音様を祀り「母乳豊穣」を祈ったということです。近年では乳癌にかからないご利益があると言われていたそうです。樹齢が尽きて大正時代に伐採され、その後に出てきた2本の銀杏の木が巨樹となっており、再び乳根ができることが期待されているということでした。
d0117926_14462415.jpg

山道に戻って山頂を目指します。最初からかなりの急登です。こんな標識がありました。
d0117926_14481760.jpg

後で知ったのですが、このルートは「大休場尾根」と言って、奥多摩三大急登の一つ(? 諸説あるようです)だったのです。まあ、事前の情報収集がいい加減だと叱られるかもしれませんが、そんなことは知らずに一人黙々と登ってきました。
登山道の前半は樹林帯の中、ジグザグの道が続きます。かなりの急登ですが、道自体はしっかりと整備されていて、石や岩が少なくとても歩きやすい道となっています。急登の連続で休む暇がありませんが、ゆっくりと時間をかけて登ればそんなに危険なことはないように思います。
後半は根の出た尾根道を直登するようなコースです。これが延々と続きます。さすがに途中何度も休みを入れます。ただ、それでも危険なところはなかったように思います。
この間、他の登山者と会うことはありませんでした。
d0117926_1456877.jpg

d0117926_1522141.jpg

ガイドブックによると途中に「大安場」という休憩場所があるはずなのですが、気づかずに通り過ぎてしまいました。急な尾根道をひたすら登ると、樹林が伐採された見晴らしのきく場所に出ます。山頂はもうすぐのようです。
d0117926_1513825.jpg

ここから山頂まではすぐです。ひょいという感じで山頂に出たのですが、あまり山頂といった雰囲気はありません。狭い山頂にはベンチが二つあって、その一つに女性のハイカーが一人で食事をしていました。私も持参のストーブで湯を沸かし、カップヌードルとパンの食事です。汗をかいていたこともあって、とても寒かったのですが、暖かい食事がとてもありがたかったです。
d0117926_1563618.jpg

d0117926_1565029.jpg

ゆっくり食事をした後は鳩ノ巣駅を目指して山を下ります。
鳩ノ巣駅に行くには、一旦川苔山方面に歩き、途中で分岐を鳩ノ巣駅方面にとることになります。その分岐は山頂から10分ぐらいのところにありました。
d0117926_1510984.jpg

この後は「杉ノ殿尾根」をまっすぐ鳩ノ巣駅を目指して下って行けばいいのです。時間も早いし、ゆっくりとしたペースで歩いて行きます。登りの急登に比べ下りの道はだいぶ緩やかです。少しは景色を見る余裕もあったのですが、樹林に邪魔されてなかなか見ることができません。
d0117926_15155224.jpg

途中樹林の間から見たこの山は何だったのでしょうか。大岳山のような気もするのですが。
d0117926_15182274.jpg

「大根ノ山ノ神」でしょうか。確認することもなく通過してしまいました。
d0117926_15212072.jpg

熊野神社を経由して鳩ノ巣駅方面に行きます。ここまで来れば駅はもうすぐです。
d0117926_15242057.jpg

熊野神社です。ひっそりとしていますが、なかなか趣があります。大きな銀杏の木が2本あります。樹高40m、幹囲3mの大木です。
d0117926_15284684.jpg

集落の中の1軒です。きれいな和風の建物です。道路の感じもいいですね。
d0117926_15301537.jpg

鳩ノ巣駅に到着しました。この駅を利用するのは初めてです。きれいな駅舎ですよ。
駅舎の向こうに見える山並みが今日歩いてきた本仁田山、川苔山でしょうか。
d0117926_1538051.jpg

ほとんど人と会うこともなく、ただひたすら急坂を汗を流して登ってきました。樹林に囲まれ眺望がききません。そんな地味な山でしたが、それでもこんな山が案外好きなようです。一人で一生懸命頑張っていると、いつの間にか山の中に溶け込んだような感じがしてきます。そんな静かな山歩きができました。今度は川苔山にも登ってみたいです。

# by sanpo-sanpo | 2017-10-07 15:52 | 山歩き・里歩き | Trackback | Comments(0)