弁当持参

tseki.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 02日

スペイン・ポルトガル旅行 7

旅行7日目(6月5日)

今回の旅行の実質的な最終日です。この日はスペインの古都トレドの観光です。
トレドはイスラム教、キリスト教、ユダヤ教などが交錯する複雑な歴史を持っていて、それらの文化が入り混じった街並みが世界遺産として指定されています。
当日はマドリードから鉄道で出発し、途中高速バスに乗り換えてトレドのバスセンターに到着しました。
バスセンターからはトレドの入り口の城門まで歩いて10分ぐらいでしょうか。緩やかな坂道を登って行くとトレドの城門が見えてきます。近くのインフォメーションセンターで案内地図をもらい、城門を入っていきます。
d0117926_11122989.jpg
城門を入ると石造りの街並みが続いています。道の両側にはお土産を売る店が並び、ホテルの看板も見えます。
d0117926_11144942.jpg
d0117926_11152689.jpg
坂道を登って行くと城の外の眺望が広がった高台に出ます。
d0117926_11173872.jpg
高台にロードバイクの像があり、なんでここにロードバイクの像があるのかななどと話していると、ちょうどその目の前をロードバイクが下って行きました。あわててカメラを構えてシャッターを押し、何とか1枚撮ることができました。いいタイミングだったですね。
d0117926_11195504.jpg
さらに坂道を歩いて行くと大きな広場に出ます。これが「コソドベール広場」でしょうか。多くの観光客が行き交っています。
写真右奥に見える塔の建物は「アルカサル(軍事博物館)」でしょう。トレドを代表する建築物ですが、今回はパスして「トレド大聖堂」を目指します。
d0117926_11240974.jpg
トレド大聖堂への道は建物に挟まれた狭い道です。下の写真の先に見えるのが大聖堂ですが、正面玄関につながる道ではなかったようです。
結局この先の突き当りを左に曲がり、ぐるっと一周するようなところに正面の入り口がありました。観光客用の入り口はその手前に設置されていました。
d0117926_11335940.jpg
トレド大聖堂の正面です。入り口前はちょっとした広場になっていますが、決して広くはありません。大聖堂自体がかなり狭い敷地に建てらているようです。
d0117926_11362023.jpg
所定の金額を支払って大聖堂の内部に入りました。
いやー、とにかく豪華絢爛です。これまでいくつかの教会を見てきましたが、これほどの規模と豪華さを持ったものはなかったように思います。
主祭壇はこの檻の中にあります。全面が金色に輝いています。
d0117926_11401757.jpg
d0117926_11410597.jpg
d0117926_11415161.jpg
主祭壇にはキリストの生涯を示す様々なシーンが描かれています。
d0117926_11432992.jpg
これは主祭壇の裏側だったかな。聖母像を中心に様々な像が細密に作られています。
d0117926_11481217.jpg
主祭壇に対峙する位置に作られた施設。どういうものかよくわかりませんが、写真左下は聖歌隊の席だそうです。
d0117926_11521849.jpg
聖体展示台です。高さ3メートル、重量200キロ、金、銀、宝石で細工されています。
d0117926_13231662.jpg
大聖堂のもう一つの見どころ、エル・グレコの絵。キリストが十字架に架けられる直前の姿を描いた「キリストの聖衣剥奪」です。
エル・グレコの初期の傑作と言われています。
d0117926_11561207.jpg
大聖堂の豪華絢爛に圧倒されて、大聖堂の外に出ます。
トレドにはこの他にもたくさんの教会がありますが、施設を訪れるのはこれぐらいにして、あとはトレドの街を歩くことにしました。
トレドの街並みはこんな狭い道路で作られています。歩いていると今どこにいるのかわからなくなります。こんな時スマホのグーグルマップは大変ありがたいです。
d0117926_13302655.jpg
d0117926_13303854.jpg
少し広いところに出ました。こんな狭いところでも車が通っているんですね。
d0117926_13314990.jpg
しばらく歩いているうちに城の外に出てしまったようです。トレドの街歩きもこれでおしまいです。
楽しい思い出を作ることができました。
d0117926_13371976.jpg
トレドの街歩きを楽しんだ後、帰りにはマドリードのもう一つの主要な駅、チャマルティン駅に行ってみました。前に紹介したアトーチャ駅に比べると現代的なデザインです。
d0117926_13471625.jpg
この駅からは巨大な高層ビルが見えます。チャマルティン駅はビジネス街により近い位置にあるのでしょう。マドリードのビジネス街も歩いてみたかったですね。
d0117926_13473157.jpg
以上で、スペイン・ポルトガルの旅はおしまいです。
ほとんど予備知識なしに訪れ、いろんな驚きや感動に遭遇しました。特にリスボンの街並みを知ることができたのは最大の収穫でした。
楽しい1週間でした。旅の計画から予約、現地の案内などすべてを友人夫妻に依存しての旅でした。こんな恵まれた旅はありません。本当にありがとうございました。
個人旅行の楽しさを実感できた旅でもありました。一度だけの体験でどこまでできるかわかりませんが、今度は他人に依存しないで自分達だけで個人旅行をしてみたいです。
また、海外旅行の報告をする機会があることを願っています。



# by sanpo-sanpo | 2018-07-02 17:34 | 海外 | Trackback | Comments(0)